失敗した眉ティントを薄くする方法

woman having bubble bath 私の話
Photo by Bennie Lukas Bester on Pexels.com

 

こんにちは、せんのひろこです。

今年になってようやく眉ティントに挑戦し、手軽さと楽さに魅了されました。

近所のドラッグストアにあった Fujiko のティントを使っています。

 

 

化粧があまり得意ではない私にとっては、もうすでに手放せないものになっています!!

そんな眉ティントですが、「剥がしてみたら濃くなりすぎた」とか「なんか形が変になっちゃった」ということは経験ありませんか?

私は何度もあります。

数日間残る色をできるだけ早く落としたい!薄くしたい!という時にこの方法が使えますよ♪

ぜひ最後までご覧ください!!

 

 

 

 

 

 

使うものは「コットン」と「○○」!!

 

用意するものは、化粧やお風呂上がりなどによく使う「コットン」

ない方は綿棒やティッシュでも代用できますが、肌への負担を考えるとできるだけ柔らかい素材のものを使うのが良いです。

 

もう一つは「ふきとり化粧水」

肌表面の汚れや角質を優しく落とせる化粧水です。

私は Nature Conc (ネイチャーコンク) を愛用しています。

 

 

ない場合は通常の化粧水でも代用できます。

 

コットンにふきとり化粧水を染み込ませ、眉部分を押さえるように湿らせます。

眉頭から優しくなぞってティントを拭き取っていきます。

2〜3回繰り返して、乾いたタオルなどで眉を優しく拭きます。

 

たったこれだけの作業ですが、コットンにティントの色が移りますよ♪

眉がしっかり乾いてから化粧やティントのやり直しをしてくださいね!

 

 

 

 

眉ティントを薄くする方法、ご覧いただきありがとうございます😊

失敗した!と感じたら、できるだけ早くこの方法を実践したほうが効果が高いです。

時間が経つにつれて色が定着してしまうので、後回しにせずすぐに行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました